保育園のプールで4歳女児死亡、元園長と元保育士に有罪判決

JNN/TBS

2月14日(金)14時58分

2017年、さいたま市の保育園で女の子がプールで溺れて死亡した事故の裁判で、さいたま地裁は、元園長と元保育士の女に執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

さいたま市の「めだか保育園」の元園長、黛秋代被告(70)と元保育士の堀口茜被告(33)は、2017年8月、プール遊びの最中に当時4歳の女の子が死亡した事故について、注意義務を怠ったなどとして業務上過失致死の罪に問われています。

14日に行われた裁判でさいたま地裁は両被告に対し、「万が一にも園児が危険にさらされないよう、常に緊張感をもって職務に臨むべきだった」と指摘しました。

その上で、黛被告には「自分の園では長年プール活動での事故を起こしていないと慢心していた」として、禁固1年、執行猶予4年、堀口被告には禁固1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。(14日14:22) JNN/TBS

ランキング