チャーター機第5便、16日派遣へ

JNN/TBS

2月14日(金)16時11分

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、茂木外務大臣は、中国湖北省の在留日本人らを帰国させるためのチャーター機の第5便を、16日に派遣する方向で調整していることを明らかにしました。

「第5便のチャーター機、今度の日曜日16日に派遣し、月曜17日に帰国させる方向で調整が進んでいる」(茂木敏充外相)

茂木外務大臣はこのように述べ、中国湖北省の在留日本人らを帰国させるためのチャーター機第5便を16日に派遣する方向で調整していることを明らかにしました。第5便は16日の夜、羽田空港を出発し、翌17日に帰国する予定です。

また、茂木大臣は「第5便をもって一区切りをつけたい」と述べていて、次が事実上、最後のチャーター機となる見通しです。(14日12:58) JNN/TBS

ランキング