共産など野党、「暴力革命」発言に抗議

JNN/TBS

2月14日(金)15時46分

安倍総理が13日の国会で、共産党について「暴力革命の方針に変更はない」などと答弁したことに対し、共産党などが自民党に抗議しました。

13日の衆議院本会議で安倍総理は共産党について「現在においても、暴力革命の方針に変更はないものと認識している」と答弁し、共産党の志位委員長は「誹謗中傷だ」などと猛反発しています。

さらに14日、共産党の穀田国対委員長らが自民党の森山国対委員長と国会内で会談し、口頭で抗議しました。

「公党に対しての誹謗中傷。許せない。抗議し謝罪・撤回を求めたと」(共産党 穀田恵二国対委員長)

13日、志位委員長は会見で、1950年代、共産党が分裂していた時期に「一方の側の誤った行動があった」としながらも、「党の方針として暴力主義的な方針を持ったことはない」と説明しています。(14日12:54) JNN/TBS

ランキング