“デリヘル”送迎で報酬、消防士を懲戒処分 霧島市

JNN/TBS

2月14日(金)17時31分

鹿児島県霧島市の男性消防士が、派遣型風俗店「デリバリーヘルス」の送迎を行い報酬を受けたとして、懲戒処分を受けていたことが分かりました。

懲戒処分を受けたのは霧島市消防局の40代の男性消防士です。霧島市によりますと、男性消防士は2016年におよそ10日、2017年に2日、勤務時間外に「デリバリーヘルス」の送迎を行い、1往復あたりおよそ1000円の報酬を受けていたということです。

外部からの指摘で発覚したということで、霧島市消防局は男性消防士を13日付けで懲戒処分としましたが、「市の指針により、処分内容は公表しない」としています。男性消防士は聞き取りに対し、「知人に頼まれてやった。反省している」などと話しているということです。

また、男性消防士の上司で50代男性も、副業をおととしの時点で把握していながら、報告を怠ったとして、13日付けで処分されました。(14日16:02) JNN/TBS

ランキング