首相、拉致被害者家族と面会 「1日も早い解決を」

JNN/TBS

2月15日(土)8時32分

安倍総理は拉致被害者家族らと面会し、有本恵子さんの母・嘉代子さんが亡くなったことについて触れ、「1日でも早く、この問題を解決しなければならない」と述べました。

「先般、有本嘉代子さんがご逝去されて、心からご冥福をお祈りしたいと思います。嘉代子さんとは、私が父・安倍晋太郎の秘書を務めていた時からの付き合いでございます」(安倍首相)

安倍総理は今月3日に亡くなった拉致被害者・有本恵子さんの母、嘉代子さんへのお悔やみの言葉を述べたうえで、夫の明弘さんをはじめ、被害者家族らに対し「あらゆるチャンスを逃すことなく、問題の解決に全力を尽くしていきたい」と強調しました。

これに対し、家族会の飯塚代表は「私たちも歳をとっていくが、今後の展開に期待し注視していく」と応じました。また、飯塚代表によりますと、安倍総理は面会の際、拉致問題について「日本が主体となってやっていきたい」と繰り返していたということです。(15日00:00) JNN/TBS

ランキング