「聖火リレー」リハーサル、石原さとみさんも参加

JNN/TBS

2月15日(土)15時37分

来月26日に始まる東京オリンピックの聖火リレーのリハーサルが、俳優の石原さとみさんらが参加し、行われています。

午前のリハーサルは東京・羽村市で行われ、まず聖火をトーチに点火するセレモニー「出発式」が行われました。

本番同様の交通規制が実施される中、東京2020聖火リレー公式アンバサダーを務める俳優の石原さとみさんがトーチをかかげて笑顔でおよそ200メートルを走り、次のランナーへと聖火を引き継ぐ「トーチキス」を行いました。

「(聖火リレーは)大切な200メートルの時間なので、ゆっくりと存分に浸りながら楽しんでもらえたらなと思いました。(沿道の人たちも)一歩勇気を出して参加していただけたら、思い出がたくさん手に入ると思うので、ぜひ皆さん、外へ出て楽しんでもらえたらいいなと思います」(石原さとみさん)

午後のリハーサルは、国分寺市の名所の一つ「お鷹の道」で行われました。ここは道が狭く隊列を組む大会関係車両が通行できない場所で、ランナーだけでリレーが行われました。

聖火リレーは、来月26日に福島県のJヴィレッジからスタートし、およそ1万人のランナーが121日間かけて全国をまわる予定です。(15日14:26) JNN/TBS

ランキング