五輪“完全な形で”日米連携、“中止でなく安ど”も課題山積

JNN/TBS

3月25日(水)19時34分

25日朝の総理官邸では、安倍総理が記者から質問を受けました。

Q.オリンピック・パラリンピックの延期が、正式に決まったが受け止めを
「お疲れ様」(安倍首相)

オリンピックの延期が決まったことを受け、安倍総理はアメリカのトランプ大統領と電話会談を行いました。新型コロナウイルスに人類が打ち勝った証しとして、東京大会を完全な形で開催するため、緊密に連携していくことを確認したということです。

政府・与党内には、延期の決定に安堵感が漂っています。
「“中止”だけは絶対に避けなければならなかった。“延期”は、日本が死に物狂いで努力して勝ち取った結果だと思う」(与党幹部)

ただ、政府も、今後の課題にどう対処するか、まだ検討さえもままならない状況のようです。

Q.IOC・東京都・組織委員会と、どのようなスケジュールで協議するのか?
「今後調整されるものだと思っている」(菅義偉官房長官)

Q.まだ(追加費用の)分担割合など決めごとはないか?
「これからの調整になるだろうと思っている」(菅義偉官房長官)

Q.新たな開催日程をいつ頃までに決めたいか?
「これから関係者の中で、対応を詰めていきたい」(菅義偉官房長官)

「少しでも早いコロナの収束に向けた努力をする。景気対策もしっかりと考えなければならない。IOCとすり合わせをする余裕はなかった」(政府関係者)

新型コロナウイルスの収束とオリンピック・パラリンピックの成功。今後、限られた時間の中で、難しい課題と向き合うことになります。(25日17:24) JNN/TBS

ランキング