丸紅 1900億円の赤字へ、新型コロナ影響

JNN/TBS

3月25日(水)21時26分

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、商社大手の丸紅は、今年3月期の業績予想について、過去最大となる1900億円の赤字へ下方修正しました。

「現在のこういう状況は、これまでの金融危機とか地政学的危機と異なるもので、多方面、多岐にわたっている」(丸紅 柿木真澄社長)

丸紅は25日、今年3月期の連結決算の業績予想について、最終的な損益が2000億円の黒字から1900億円の赤字に転落する見通しだと発表しました。赤字額としては過去最大です。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、原油価格が急落したことで石油や天然ガスの開発事業で多額の損失を見込むほか、感染が広がるアメリカでの穀物事業についてもおよそ1000億円の損失を計上するということです。(25日18:57) JNN/TBS

ランキング