ペッパーフード、「継続企業の前提に関する注記」を記載

JNN/TBS

3月25日(水)23時40分

「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは、有価証券報告書に、「企業が今後も活動を続けていける」という前提に「疑い」が生じたことを示す記載をすることを決めたと発表しました。

ペッパーフードサービスによりますと、25日に行われた取締役会で、2019年12月期の有価証券報告書に投資家に注意を促す「継続企業の前提に関する注記」を記載することを決議しました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、運営する「いきなり!ステーキ」などで3月以降の来客数が減り、売上高が大幅に減少。感染拡大の収束が見えないことから、外食需要の回復にまだ時間がかかるとの見通しで、借入金の返済などの資金繰りに懸念が生じているということです。

「ペッパーフードサービス」は、資金繰り改善のため1月に新株予約権を発行しましたが、株価が下落し、「資金調達が期待できない状況となっている」としています。今後は、「事業の収益改善及び財務基盤の安定化を図り、状況の解消、改善に努めてまいります」としています。(25日19:06) JNN/TBS

ランキング