【独自】偽造在留カード押収、中国籍の男逮捕

JNN/TBS

3月26日(木)12時38分

千葉県船橋市のマンションで400枚以上の偽造在留カードが押収され、中国籍の男が警視庁に逮捕されました。

入管難民法違反の疑いで逮捕されたのは中国籍の無職・劉俊偉容疑者(32)で、今月3日ごろ、船橋市緑台のマンションの一室で在留カードを偽造した疑いがもたれています。

警視庁によりますと、部屋からは400枚以上の偽造在留カードのほかホログラムシートおよそ2000枚やプリンターなどが見つかりました。

劉容疑者は去年8月に技能実習生として来日しましたが、2か月後に実習先から逃げ出し、SNSの求人広告に応募して3か月間でおよそ1800枚の在留カードを偽造し、指定された送付先に郵送していたということです。

「(東京入国管理局の人が)いなくなってしまって、ずっと捜していて、やっと(劉容疑者が)ここだと突き止めてきたんですけどって」(近所の住民)

劉容疑者は取り調べに対して容疑を認め、「およそ3か月で150万円ほどの報酬を受け取った」「技能実習の時よりもさらに金が欲しかった」と供述しているということです。警視庁は、偽造在留カードが不法就労などに使われたとみて捜査しています。(26日11:36) JNN/TBS

ランキング