プーチン大統領、感染者が入院している病院を視察

JNN/TBS

3月26日(木)15時59分

ロシアのプーチン大統領が、新型コロナウイルスの感染者が入院している病院を視察しました。

半袖姿で黄色の防護服に腕を通すプーチン大統領。モスクワで24日、新型コロナウイルスの感染者が治療を受けている病院を訪れ、マスクや手袋も装着し完全防備で病室に向かい、患者を見舞いました。視察後には「病院には必要な設備があり、スタッフは何をすべきか知っている」と語りました。

ロシアの発表では、感染が確認されたのは658人と欧米諸国と比べ抑えられていますが、医療関係者の間では当局のデータがどれほど実態を反映できているのかとの疑問があがっています。

「モスクワが一番被害が大きいのですか?」(プーチン大統領)

モスクワのソビャニン市長は、「検査を実施した数が少なく、実際はもっと感染者がいる」と指摘。プーチン大統領は「数時間以内に政府と協力し、措置について議論する」と述べました。(26日09:39) JNN/TBS

ランキング