コロナ対策で「お肉券」に「魚介類券」構想?

JNN/TBS

3月26日(木)19時27分

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、消費が落ち込んでいる国産の牛肉の生産者を保護するため、自民党の農林部会は経済対策に「お肉券」の発行を盛り込むよう提言しました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、国内の焼肉の半分を消費している外国人観光客が減ったことや、外食を控える人が増えたことで、先月の牛肉の枝肉価格は去年より最大で14%下落しました。これを受け、自民党の農林部会は和牛などの国産牛肉の消費を促すため、「お肉券」などの発行を経済対策の案に盛り込むよう提言しました。

「お肉券」について、消費者などからは「使い道が限定されていて、使いにくい」などの声も上がっていますが、議員からは「批判が出ていることは承知しているが、農家が出荷を止めなくても済む対策を打つべきだ」など農家や事業者を気遣う声が相次ぎました。

一方、水産部会でも国産の魚介類を対象にする商品券を発行する案が示されましたが、商品券が実現するかは不透明な状況です。(26日16:55) JNN/TBS

ランキング