“首里城”2026年までに復元へ

JNN/TBS

3月27日(金)21時22分

政府は去年10月に焼失した首里城の復元に向けた関係閣僚会議を開き、2026年までに正殿を復元させるなどとする工程表を決定しました。

「首里城は沖縄の皆さんの誇りともいえる極めて重要な建造物です」(菅義偉官房長官)

関係閣僚会議がとりまとめた工程表では焼失した首里城の正殿について再来年の間に本体工事に着手し、2026年までに復元することを目指すとしています。

また、再発防止に向けスプリンクラーを設置するほか、資材について、国産のヒノキを中心に調達する方針が示されました。
首里城では今年のゴールデンウイークまでに正殿の地下遺構の見学が可能となるよう準備が進められていて、菅官房長官は復元過程の公開など観光振興にも対応した施策を推進するよう関係省庁に指示しました。(27日09:43) JNN/TBS

ランキング