「緊急事態解除見送り」の首都圏は・・・

JNN/TBS

5月22日(金)4時45分

首都圏の1都3県の緊急事態宣言を解除するか、安倍総理が25日にも判断する考えを表明したことについて、東京都の小池知事は、宣言の解除を確認したうえで、休業要請の解除のタイミングなどを明らかにする考えを示しました。

都内では21日に新たに11人の感染が確認され、政府が緊急事態宣言解除の目安のひとつとしている、直近1週間の新規感染者数が「10万人あたり0.5人程度以下」の基準に対し、0.42人と初めて目安を達成しました。そのうえで小池都知事は、安倍総理が1都3県と北海道の緊急事態宣言を解除するか、25日にも判断する考えを表明したことについて、次のように述べました。

Q.25日に解除された場合、休業要請解除を早める考えは?
「まず、解除されるかどうか仮の話ですから、ここはしっかりと確認をしてから、お示ししたい」(小池百合子都知事)

一方、神奈川県の黒岩知事は、「28日が判断のタイミングと思っていたので、ちょっとびっくりした。25日に解除されるよう祈るような気持ちだ」と語りました。(22日01:05) JNN/TBS

ランキング