ワクチン4億回分を9月から供給、英製薬大手

JNN/TBS
2020年5月22日 (金) 09:59

イギリスの製薬大手・アストラゼネカは、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、すでに4億回分を受注し、9月に供給を開始すると発表しました。

イギリスの製薬大手・アストラゼネカは、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、すでに4億回分を受注し、9月に供給を開始すると発表しました。アストラゼネカは21日、オックスフォード大学と共同で開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンについて、「少なくとも4億回分を受注した」と述べました。すでに10億本の生産体制を整えたとしていて、9月には供給を開始するとしています。また、アメリカの生物医学先端研究開発局から10億ドル=1076億円の支援を受けたことも明らかにしました。イギリス・フィナンシャルタイムズは、アストラゼネカが受注した4億本のうち3億本はアメリカ向けだと報じていて、アメリカによるワクチンの囲い込みが露骨になってきています。(22日07:47)