ウェブ上で電子マネーを不正交換、中国籍の男女逮捕

JNN/TBS
2020年5月22日 (金) 12:50

東北電力の会員制ウェブサイトに不正アクセスして入手したポイントを利用し、電子タバコを購入したとして、中国籍の男女2人が警視庁に逮捕されました。

東北電力の会員制ウェブサイトに不正アクセスして入手したポイントを利用し、電子タバコを購入したとして、中国籍の男女2人が警視庁に逮捕されました。組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕されたのは、いずれも中国籍で日本語学校の学生の曹晶容疑者(21)と呂品品容疑者(24)の2人です。2人は去年12月、東北電力の会員制ウェブサイトに不正アクセスして入手したポイントを電子マネーに交換し、川崎市内の3つのコンビニエンスストアで電子タバコ11万円相当を購入した疑いがもたれています。警視庁によりますと、2人は国外に逃亡中の中国人の男から指示を受けてタバコを購入していて、取り調べに対して容疑を認め、「男に頼まれた」と供述しているということです。警視庁は、グループがこれまでに同様の手口で900万円相当のタバコなどを購入し、転売していたとみて、組織の実態解明を進めています。(22日11:41)