ブラジル、新型コロナウイルス死者数2万人超える

JNN/TBS
2020年5月22日 (金) 21:40

南米ブラジルでは、新型コロナウイルスによる死者が2万人を超えました。

南米ブラジルでは、新型コロナウイルスによる死者が2万人を超えました。ブラジルの保健省は21日、新型コロナウイルスによる死者が2万47人になったと発表しました。2月26日に最初の死者が出てから65日目で2万人を超える早さで、ブラジルは死者数で世界で6番目となりました。また、感染者数も21日現在で31万人を超えました。わずか12日間で15万人以上増加するなど、感染拡大が止まらず、2番目に多いロシアに迫っています。経済活動の早期再開を目指すボルソナロ大統領ですが、SNS上で「私たちは戦争状態にある」と警鐘を鳴らし、感染症対策として地方都市への医者の増員や人工呼吸器の国内生産の奨励を進めています。また、トランプ大統領が服用していたことで話題となった抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンの早期導入を目指していますが、未だ科学的に有効性が確認されておらず、副作用のおそれもあることから、賛否が分かれています。(22日14:58)