文科省、「レベル1」なら1m間隔で 学校再開に向け“基準”を通知

JNN/TBS
2020年5月22日 (金) 17:35

休校が長引く学校の再開に向け、文部科学省は児童らの間で感染が広がらないよう対策をまとめた衛生管理マニュアルを、全国の教育委員会などに通知しました。

休校が長引く学校の再開に向け、文部科学省は児童らの間で感染が広がらないよう対策をまとめた衛生管理マニュアルを、全国の教育委員会などに通知しました。文科省がまとめたマニュアルでは、地域の感染状況に応じてレベル1から3に分け、学校で子ども同士が保つ距離や教科ごとの活動の基準などを示しています。感染リスクがもっとも低い「レベル1」の地域では、教室の席を「1メートルを目安に最大限の間隔をとる」とし、よりリスクの高い「レベル2、レベル3」の地域では「できるだけ2メートル程度空ける」としています。教科については、児童らが一斉に声を出す音楽の合唱やグループで器具を使う理科の実験などは「レベル1」では「十分な感染症対策を行った上で実施」、「レベル3」では「行わない」としています。一方、マスクの着用については熱中症の可能性が高い場合は外すよう求め、体育では必要ないとしています。(22日16:48)