中国・全人代 開幕、GDP目標示されず

JNN/TBS
2020年5月22日 (金) 18:40

新型コロナウイルスによる影響で延期されていた中国の国会にあたる「全人代=全国人民代表大会」が北京で始まりました。恒例となっていたGDP=国内総生産の目標が示されないなど異例の幕開けとなりました。

新型コロナウイルスによる影響で延期されていた中国の国会にあたる「全人代=全国人民代表大会」が北京で始まりました。恒例となっていたGDP=国内総生産の目標が示されないなど異例の幕開けとなりました。新型コロナの犠牲者への黙とうで始まった今年の「全人代」。感染拡大の影響で2か月半、延期されました。「こちらが武漢市がある湖北省の代表が泊まるホテルです。厳しい警備態勢が敷かれていて、一般の人が出入りすることはできません」(記者)全国から北京に集まった代表は、およそ3000人。街では厳しい警備態勢が敷かれ、感染者が出た場合に備えてか、会場近くには多くの救急車が待機しています。「国をあげて広範な人民大衆が壮絶な努力と犠牲を払った結果、感染症対策は大きな戦略的成果を収めている」(中国 李克強 首相)演説した李克強首相は、まず、アメリカなどから非難されている感染対策について、「透明性を保ち情報を開示した」と強調しました。一方、例年発表されるGDP成長率の今年の目標については「不確定性が非常に高い」ことを理由に、提示しませんでした。経済状況が厳しい中、国防費については、伸び率は下がったものの、軍拡路線が維持されています。また、抗議活動が相次いだ香港について「国家の安全を守る」法律が議論されることが分かり、香港の民主派議員は早速、反発。民主派団体メンバーは、弾圧につながりかねないと懸念を示しています。「これから弾圧がますます強まると思うので、香港人にとっても、とても重要な戦いとなります」(香港 民主活動家 周庭さん)今年の全人代は、普段より3日短く、今月28日まで行われます。(22日17:38)