コロワイド、196店舗を閉店へ 新型コロナ影響で

JNN/TBS
2020年5月22日 (金) 21:55

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、大手外食チェーンの「コロワイド」は直営店の1割に相当する196店舗を閉店すると発表しました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、大手外食チェーンの「コロワイド」は直営店の1割に相当する196店舗を閉店すると発表しました。「甘太郎」や「北海道」などを展開する「コロワイド」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い客が減少したため、今年3月期の決算で最終損益は64億円の赤字となりました。収益の改善が急がれる中、コロワイドは居酒屋業態を中心に採算のとれない196店を閉店することを決めたということです。これは直営店のおよそ1割にあたる規模で、閉店は9月末をめどに実施する予定です。コロワイドは「今後の急速な変化に対応していくため、閉店も含めて抜本的な処理を行った」としています。(22日20:57)