河井克行氏のPCから現金配布先リストか

JNN/TBS
2020年5月23日 (土) 12:27

自民党・河井案里参議院議員の去年の選挙をめぐって、現金の配布先を示したとみられるリストが、夫の克行前法務大臣のパソコンから見つかっていたことが分かりました。

自民党・河井案里参議院議員の去年の選挙をめぐって、現金の配布先を示したとみられるリストが、夫の克行前法務大臣のパソコンから見つかっていたことが分かりました。検察は1月、案里氏陣営でのウグイス嬢買収事件をめぐって、河井議員夫妻の自宅などを捜索しています。関係者によりますと、現金の配布先を示したとみられるリストが、克行氏のパソコンからみつかっていたということです。検察はリストなどを基に、地方議員らへの聴取を進めたとみられ、複数の議員がJNNの取材に対し、「聴取の際、リストに沿って話を聴かれた印象を受けた」「検察は受け取った具体的な金額を知っていた」などと話しています。一方、関係者によりますと、検察の聴取に河井議員夫妻は買収を否定し、克行氏は、現金の原資についても「党からの1億5000万円ではない」と話しているということです。検察は、河井議員夫妻が去年の参院選前に、票の取りまとめを依頼する目的で、地方議員などに現金を配ったとみて捜査を進めていて、立件の時期についても検討しているものとみられます。(23日10:27)