草津名物“湯もみ”再開、朝から楽しむ人の姿

JNN/TBS
2020年5月23日 (土) 12:38

日本有数の温泉地・群馬県草津町で名物の“湯もみ”が再開されました。会場には小気味よいかけ声が響き渡りました。

日本有数の温泉地・群馬県草津町で名物の“湯もみ”が再開されました。会場には小気味よいかけ声が響き渡りました。草津名物の湯もみ。緊急事態宣言の対象が全国に拡大されたことを受けて、先月18日から中止が続いていましたが、22日から再開されました。週末の23日は、朝から湯もみショーを楽しむ人の姿がみられました。来場者には検温やマスクの着用などをお願いしたうえで、70人までの入場制限を設けて感染拡大防止を図るということです。草津町ではまだ宿泊施設の多くが営業を再開していませんが、22日から町内の3つの日帰り温泉施設などが入場制限や営業時間を短縮し、休憩室などを閉鎖したまま営業を再開しています。(23日11:39)