「富士総合火力演習」報道公開、新型コロナで規模縮小

JNN/TBS
2020年5月23日 (土) 16:59

陸上自衛隊は、国内最大の実弾演習である「富士総合火力演習」を例年より規模を縮小して実施しました。

陸上自衛隊は、国内最大の実弾演習である「富士総合火力演習」を例年より規模を縮小して実施しました。今年の「富士総合火力演習」は離島防衛を想定した内容ですが、新型コロナウイルスの影響で一般公開は中止となり、インターネットで中継する形で行われました。また、参加する部隊は静岡県と神奈川県に限定し、隊員数もおよそ1800人と、去年の6割程度になっています。23日に行われている「教育演習」は本来、若い隊員が演習を見て実体験するためのものですが、今回はドローンなどから配信される映像を見ながら学習できるよう配慮したということです。(23日15:27)