「弱り目に祟り目」とはどんな意味の言葉?「弱り目」「祟り目」とはなんのこと?

2023-04-03 01:30

不運に不運が重なることを「弱り目に祟り目」と言います。
これらは最悪の事態が発生しているにもかかわらず、さらにそこに追い打ちをかけるようなことが起こることを言った言葉です。
しかし、そもそも「弱り目」「祟り目」とは何を指しているのでしょうか?

ここではそれら「弱り目に祟り目」について解説します。
特にこの記事では「弱り目」「祟り目」それぞれの意味についてもわかりやすく説明します。

「弱り目に祟り目」とは

まずは「弱り目に祟り目」の意味について見てみましょう。

「弱り目に祟り目」の意味

「弱り目に祟り目」とは、不運に不運が重なることの例えです。
多くの場合、すでに困っている状態や悩んでいる状態においてさらに追い打ちをかけるような出来事が起こることを言います。
特に悪い状況において、さらに悪いことが起こることを指す言葉です。

ただでさえ悪いことが起こっているのに、それに拍車をかけるようなことが起こるのは運が悪いとしか言いようがありません。
それらの不運が重なる状況を例えたことわざが「弱り目に祟り目」となります。

「弱り目に祟り目」の用い方・例文

「弱り目に祟り目」はただ不運なことが起こることを言う言葉ではありません。

すでに自分にとって不運なことが起こっている状態で、さらに追い込まれるようなことが起こった際に使用します。
要は災難に見舞われた中で、さらなる災難が襲ってきた際に使用する言葉なのです。

例えば、財布を落とした日にスマホまで落としてしまうような状況で使用します。
他にも会社を解雇された日に離婚を突き付けられるような状況などでも使用できるでしょう。

要は不運に不運が重なってしまうことを言った表現が「弱り目に祟り目」となります。

「弱り目」と「祟り目」とはなんのこと?

では「弱り目」「祟り目」はそれぞれ何を指すのでしょうか?

「弱り目」とは

「弱り目」は弱った状態のことを指す言葉です。
ここで言う「目」とは「落ち目」「控え目」などと同じ用途で使用されているのがわかります。

これらの「目」は動詞の連用形として付く接頭語となります。
つまりはある状態に陥っていることを表した言葉なのです。

決して「目」そのものが弱っているということではありません。
あくまでも弱っている状態にあることを指しているので、その点は注意しましょう。

「祟り目」とは

「祟り目」は災いに遭った状態のことです。
ここでの「目」は単に「弱り目」の「目」と語呂合わせしたものとなっています。

あくまでも祟りに遭ったかのような状況を言うのであって「目」が祟られることを言ったわけではありません。
これらは祟りに遭ったかのように不運が続くことに対して「祟り」を掛けた表現なのです。

「弱り目に祟り目」の類義語

最後に「弱り目に祟り目」の類義語も見ていきましょう。

泣きっ面に蜂

「泣きっ面に蜂」とは、不幸な上にさらに不幸がのしかかることの例えです。

泣いている時に蜂に刺されてより一層辛い思いをしてしまうことを言います。
近年はそれらの状況も限定されず、災いが重なること全般を指す表現とされています。

その点が「弱り目に祟り目」と同じなのではないでしょうか。

踏んだり蹴ったり

「踏んだり蹴ったり」とは、続けざまに酷い目に遭うことの例えです。

これらは被害者側からの言い方で使用されることが多いが、もともとは加害者側からの言い方として使用されていました。
事実、昔は「踏んだり蹴ったりの目に遭わせてやる」などと言ったそうです。

それが省略されて「踏んだり蹴ったり」だけが独り歩きするようになったと考えられています。
その後、重ね重ね酷い仕打ちに遭うようなことを言うようになったのだとか。

そこが「弱り目に祟り目」と似ていますね。

虎口を逃れて竜穴に入る

「虎口を逃れて竜穴に入る」とは、次から次へと危険に見舞われることの例えです。

一難を逃れたのに、また他の難儀に遭遇することを言ったことわざとなります。
事実、虎の危険から逃れられたのに竜の危険にさらされることを言います。

ただし、この言葉はある災難から逃れてから他の災難に遭遇することを言った表現です。
そのため、意味は少しだけ「弱り目に祟り目」とは違うかもしれません。

それでも災難が次々と降りかかるという点は共通していると言えるかもしれません。

まとめ

「弱り目に祟り目」は不運が重なることを言った表現です。
弱っているところに、まるで祟りかのように災難が続くことを言った表現となります。

ただし、これらは実際に目が弱っていることを言っているわけではありません。
同じく、目が祟られていることを言っているわけでもありません。
そこは正しい意味を理解しておくことが必要です。

関連記事はこちら

言動が唐突なことを意味する「藪から棒」、この言葉の由来は?
【言わなきゃよかった】「雉も鳴かずば撃たれまい」とはどういう意味?由来や類義語もご紹介
「管鮑の交わり」とはどういう意味?「水魚の交わり」とは何が違う?

 
  1. 鷲見玲奈さん おむつケーキ贈呈に歓喜「使うの勿体ない」でも "おむつの出費かなり痛い" 第一子育児に邁進中
  2. 農林中央金庫、外債運用の失敗で巨額損失へ 約1.2兆円の増資の方針 リスク管理の確立が急務【播摩卓士の経済コラム】
  3. 「活発で明るいお嬢さん」小学校に入学した長女(6)が笑顔で…  品川母子4人死亡事件「3日前に離婚」40代父親を事情聴取へ【news23】
  4. 新しい地震情報が発表されました
  5. 大型犬にボールを投げた結果…ママとパパで『態度が違いすぎる』と183万再生「無表情すぎて面白い笑」「ジト目可愛いw」爆笑の声続々
  6. ダルビッシュ今季2敗目...ヤンキース相手に自己ワーストタイ4被弾の悪夢、25回連続無失点から一転大乱調で6回途中7失点
  7. 『下半身不随』と診断された猫が『階段』に挑んだ結果…諦めない姿に"勇気づけられる"と5.7万再生「素敵なお話」「思わず涙目に…」
  8. 【乃木坂46】清宮レイさん「チャンスは平等」を最後に卒業へ「二十歳の区切りに、新しい世界に挑戦」
  9. 【5月25日きょうの天気】東海・九州の山沿いでにわか雨か 火曜~水曜に台風が沖縄に接近のおそれ
  10. 清原翔さん 2日前の顔出し投稿に大反響「驚かせてしまってすみません」感謝でリハビリに邁進
  1. 「活発で明るいお嬢さん」小学校に入学した長女(6)が笑顔で…  品川母子4人死亡事件「3日前に離婚」40代父親を事情聴取へ【news23】
  2. 清原翔さん 2日前の顔出し投稿に大反響「驚かせてしまってすみません」感謝でリハビリに邁進
  3. 愛猫の『信頼を失ってしまう』飼い主さんのNG行動3選 残念すぎる態度を改めるためには
  4. 大谷翔平 5打数ノーヒットで6戦本塁打無し チームも“投壊”で満塁HR浴び今季2度目の3連敗
  5. ゼレンスキー大統領、ロシア軍攻勢のハルキウ州戦況について「軍事的にコントロールできている」
  6. 『ねっむ…』飼い主が早朝に出勤したら…見送りにきた大型犬2匹の表情に8万8000いいね「犬もこんな表情するのかw」「健気すぎて感動」
  7. 犬が『おやつ』に興味を示さない… 食べてくれなくても大丈夫?食いつきが悪い原因とは
  8. 東京都知事選 小池知事が立候補の意向固める 自民は独自候補擁立を見送る方向 立憲・共産は候補者選定中
  9. 【速報】佳子さま ギリシャ公式訪問へ 羽田空港を民間機で出発
  10. ダルビッシュ今季2敗目...ヤンキース相手に自己ワーストタイ4被弾の悪夢、25回連続無失点から一転大乱調で6回途中7失点
  11. 【乃木坂46】清宮レイさん「チャンスは平等」を最後に卒業へ「二十歳の区切りに、新しい世界に挑戦」
  12. 熱中症対策で…伝統行事「相馬野馬追」前倒し開催 去年は7月開催も猛暑で約80人が救護される