「松島や ああ松島や 松島や」という俳句を松尾芭蕉は詠んでいない?!なら誰が詠んだの??

2023-04-26 00:30

松尾芭蕉の俳句の中でも広く知られているもの、それが「松島や ああ松島や 松島や」という作品です。
しかし、実はこれ……松尾芭蕉が詠んだものではありません。
では、一体誰が詠んだ俳句なのでしょうか?

今回はそれら「松島や ああ松島や 松島や」について解説します。
ここでは松尾芭蕉はもちろん、その弟子なども含めて「松島や ああ松島や 松島や」の作者について説明します。

松尾芭蕉と松島

まずは松尾芭蕉と松島についての関係を見ていきましょう。

松島で俳句を詠み損ねた松尾芭蕉

松尾芭蕉は全国各地を行脚して俳句を詠んでいた人物です。
そんな旅の途中、松尾芭蕉は松島を訪れました。

その際、松島の息を吞む絶景に出会っていまったわけです。
しかし、そのあまりの美しさに松尾芭蕉は俳句を詠めなかったとされています。

事実、彼が見た松島の景色は詩にできないほどの絶景だったと称されているとか。

後述して松島を詠んだ俳句はある

前述通り、松尾芭蕉は松島の俳句を詠めなかったそうです。
実際に松島の絶景は言葉にできるものではなかったのかもしれません。

しかし、実際には松島のことを「島々や千々にくだきて夏の海」と詠ったという記録が残っています。
つまり「松島や ああ松島や 松島や」ではないものの、他の俳句は作っていたということになります。

これが勘違いの原因なのかもしれません。

同行した弟子が松島で詠んだ俳句

前述のことからもわかるように「松島や ああ松島や 松島や」を詠んだのは松尾芭蕉ではないということがわかります。

では「松島や ああ松島や 松島や」という俳句は誰が詠ったのか。

その正体は松尾芭蕉に同行した弟子とされています。
つまり「松島や ああ松島や 松島や」は弟子の俳句だったのです。

誰が「松島や〜」と詠んだの?

ここからは「松島や ああ松島や 松島や」を詠んだ松尾芭蕉の弟子についてまとめます。

詠んだのは田原坊という狂言師

「松島や ああ松島や 松島や」は松尾芭蕉ではなく弟子の田原坊が作ったものだとされています。

なお、田原坊は現在の神奈川県である相模の狂言師です。
松尾芭蕉はそんな彼とともに旅をしていたわけです。

その際、松島で詠まれたのが「松島や ああ松島や 松島や」だったということになります。

なんで松尾芭蕉の俳句と勘違いされたの?

では、なぜ「松島や ああ松島や 松島や」が松尾芭蕉のものだと勘違いされてしまったのでしょうか。
これに関してはある書物に関係しています。

「松島図誌」という書物に田原坊が詠ったとされる「松島や さて松島や 松島や」という吟が収められています。
この書物には、あまりの絶景に俳句を詠めなかった松尾芭蕉の話も掲載されているのだとか。

その記載によって、俳句を作ったのが松尾芭蕉と勘違いして伝えられた可能性があるとされています。
事実、そこから「松島や ああ松島や 松島や」という俳句は松尾芭蕉が詠ったと言われるようになりました。

「松島や ああ松島や 松島や」の季語は?

最後に「松島や ああ松島や 松島や」について詳しく見ていきましょう。

「松島や〜」は季語のない無季俳句

「松島や ああ松島や 松島や」は俳句であるものの季語は存在しないのが特徴となっています。

これら季語のない俳句のことを無季俳句と呼びます。
「松島や ああ松島や 松島や」はまさにそれら無季俳句の一種とされています。

実際に松島は地名であり、季語としては使用されていません。
その他の「や」や「ああ」も感情を表す言葉であって季語ではありません。

つまり、この俳句に季語は存在しない作品なのです。

実際に松尾芭蕉が詠んだ無季俳句

松尾芭蕉が詠った無季俳句には別のものがあります。
それが「かねて耳 驚かしたる 二堂開帳す」「 歩行ならば 杖つき坂を 落馬かな」というものです。

このように俳句の世界では季語のないものもあったり、松尾芭蕉は型に囚われない俳句もいくつか生み出していることがわかります。

まとめ

「松島や ああ松島や 松島や」は松尾芭蕉の俳句ではありません。
これは松尾芭蕉に同行していた弟子のものとされています。
ただ、実際に松尾芭蕉は松島で俳句を詠んでいないのかというとそうではなく、他の俳句を詠んでいます。

とにもかくにも松島は絶景として知られている場所なので、もし気になる方は実際にその美しさを拝みに行ってみてはいかがでしょか。

関連記事はこちら

 
  1. 1歳5か月の女の子がりんごを詰まらせ死亡 女の子は食事中に眠そうな様子 誤嚥防ぐために保育士が口に指を入れてかき出す 東京の認可外保育施設
  2. 【速報】シンガポール航空の旅客機がタイに緊急着陸 “乱気流”に巻き込まれ1人死亡 69人けが
  3. 「下着を見たり触ったりしていた」 群馬・高崎市の塾講師の男が同僚女性(20代)の自宅に侵入しようとしたか 複数の余罪ほのめかす
  4. 一枚の折り紙から作り出されたのは…昭和レトロなメロンソーダフロート!細かなところまでリアルに再現!
  5. 飲酒運転でガードレールに衝突 妻に身代わり依頼した千葉県の児相職員を懲戒免職
  6. 【速報】「騒いでいたから 『静かにしなさい』とオートで後ろの窓を閉めた」と30代母親が説明 2歳女児が車の窓に首を挟まれ死亡 東京・練馬区
  7. 横山ゆかりちゃん(当時4)行方不明事件 業界団体が私的懸賞金の上限を400万円に引き上げ 群馬・太田市のパチンコ店 1996年7月7日発生 話しかける不審人物が
  8. イラン・ライシ大統領らの葬儀始まる ヘリ墜落で死亡
  9. ニューカレドニアから日本人4人が出国 オーストラリア政府の協力得てブリスベンに到着
  10. 突然の「0110」に注意 相次ぐ警察装う詐欺電話【Nスタ解説】
  11. 自民党が横浜市で政治刷新車座対話 「完全に信頼を失墜した」党員の厳しい声相次ぐ
  12. 森山愛子さん「思いっきり歌い 表現し 駆け抜けます」 20周年の節目に年内で活動休止を発表