猫の『被毛のタイプ』は4種!定番から比較的歴史の浅い種類まで、それぞれの特徴とお手入れ方法

猫の被毛はその長さによって短毛と長毛にわけるのが一般的です。そのほかに、種類は少ないもののクルクルとカールした巻き毛の猫や、体毛がほとんどない無毛の猫もいます。それぞれの被毛のタイプの特徴とお手入れの方法について解説します。

1.短毛

立っているアビシニアン

猫の祖先であるリビアヤマネコが短毛であることからも分かるように、猫はもともと短毛の動物です。

短毛の猫は自然発生的に生まれた猫で、いろんな猫の遺伝子をもっており、遺伝的に非常に複雑だと言われています。

性格的な傾向としては、野性味が強く、活発で明るく、よく動き回るタイプの猫が多いです。遊び好きな猫も多いので、おもちゃへの反応もよく、いっしょに遊んであげると喜ぶでしょう。

お手入れは、週に1回ラバーブラシなどで抜け毛を取り除くようにします。時間は3分程度。長くても5分程度にしましょう。

ラバーブラシはやり過ぎると生えている毛が抜けたり、毛づやが悪くなったりする可能性があるので注意してください。また短毛の猫は基本的にシャンプーは不要です。

2.長毛

くつろいでいるメインクーン

最初の長毛の猫は突然変異で生まれたとされています。

長毛の猫は、メインクーンやラグドール、ノルウェージャンに代表されるように、体の大きな猫が多いです。また長くてふわふわとした被毛を持っていることから、寒さに強かっため、寒い地域で増えていきました。

性格は、短毛の猫と比べると大人しくて、おっとりしている猫が多いです。フレンドリーな性格で比較的飼いやすい猫が多いと言われています。

長毛の猫はブラッシングの間隔が開くと、毛がからんで毛玉ができてしまいます。そのため毎日のブラッシングが欠かせません。最低でも週に2〜3回はブラッシングをする必要があります。ピンの長いブラシ、コーム、スリッカーなどを使用して、優しくブラッシングしてあげましょう。

また、月に1度はシャンプーをする必要があります。

3.巻き毛

セルカークレックスのアップ

クルクルとカールした被毛が印象的な巻き毛の猫。カールの大きさや強さには個体差があります。

巻き毛の猫の歴史は浅く、1982年3月にアメリカの農場でネズミ番をしていた猫が出産したのが最初でした。

生まれてすぐのころは無毛でしたが、生後8週間ごろから毛が生えはじめ、生後4ヵ月にもなると、カールした被毛が全身を覆っていたそうです。この猫は最初の「ラパーマ」でもありました。

現在、巻き毛の猫としては、セルカークレックス、コーニッシュレックス、デボンレックスなどが知られています。

巻き毛の猫は被毛に抜け毛やゴミがからみやすいため、こまめなブラッシングが欠かせません。ただしブラッシングをやりすぎると、カールした被毛が伸びてしまうことがあるため注意が必要です。

また巻き毛の猫は皮脂の分泌が盛んなので、皮膚トラブルを起こしやすいと言われています。月に1回はシャンプーして皮膚を清潔に保つようにしましょう。

4.無毛

4匹のスフィンクス

無毛の猫といえば、スフィンクスが有名ですよね。スフィンクスは1966年にカナダで生まれた突然変異の猫が最初です。

無毛といっても、実はまったく毛が生えていないわけではありません。モモのような短い産毛が生えています。ちなみに無毛の猫は毛だけでなく、ヒゲもありません。

無毛の猫には、スフィンクスのほかに、バンビーノ、ドンスコイ、エルフキャットなど9種類の猫がいます。

性格は穏やかでひとなつこく、好奇心旺盛で遊び好きな猫が多いです。

無毛の猫の注意点としては、皮膚トラブルや体温調節、ケガに注意が必要です。

産毛だけなのでブラッシングは不要ですが、皮膚が汚れやすいため、毎日固く絞った蒸しタオルで体を拭いてあげる必要があります。また爪で皮膚を傷つけることがあるため、月に2回は爪切りが必要です。

まとめ

長毛と短毛の猫

猫の被毛には、短毛、長毛、巻き毛、無毛の4種類があります。どの猫もそれぞれ魅力的で個性的です。

短毛の猫はお手入れの手間がかからず、個性豊かな猫が多い印象です。一方でもふもふとしたゴージャスな被毛が印象的な長毛の猫は手間はかかるものの、おっとりした優しい性格のため飼いやすい猫が多いと言われています。

またクルクルとカールした被毛がユニークな巻き毛の猫や、ミステリアスな雰囲気を備えた無毛の猫も魅力的です。

猫をお迎えする際には、それぞれの被毛の特徴に加えて、お手入れにかけられる時間的余裕があるかどうかなども考慮したうえで選ぶようにしましょう。

関連記事

愛猫がトイレやお風呂の前で待っている5つの理由
猫がかわいい7つの理由
猫が寂しかった時にする5つのサイン
猫が声を出さずに鳴く「サイレントニャー」の心理
猫に『ウザい』と思われる飼い主のNG行為9選

 
  1. 今季31盗塁 レッズのデラクルーズ 「(オオタニと)100m競争したら勝つのはボク」
  2. 政治資金パーティー「禁止」か「開催」か 自民党内で改正法「3年後見直し」案が浮上【news23】
  3. 鷲見玲奈さん おむつケーキ贈呈に歓喜「使うの勿体ない」でも "おむつの出費かなり痛い" 第一子育児に邁進中
  4. 農林中央金庫、外債運用の失敗で巨額損失へ 約1.2兆円の増資の方針 リスク管理の確立が急務【播摩卓士の経済コラム】
  5. 「活発で明るいお嬢さん」小学校に入学した長女(6)が笑顔で…  品川母子4人死亡事件「3日前に離婚」40代父親を事情聴取へ【news23】
  6. 新しい地震情報が発表されました
  7. 大型犬にボールを投げた結果…ママとパパで『態度が違いすぎる』と183万再生「無表情すぎて面白い笑」「ジト目可愛いw」爆笑の声続々
  8. ダルビッシュ今季2敗目...ヤンキース相手に自己ワーストタイ4被弾の悪夢、25回連続無失点から一転大乱調で6回途中7失点
  9. 『下半身不随』と診断された猫が『階段』に挑んだ結果…諦めない姿に"勇気づけられる"と5.7万再生「素敵なお話」「思わず涙目に…」
  10. 【乃木坂46】清宮レイさん「チャンスは平等」を最後に卒業へ「二十歳の区切りに、新しい世界に挑戦」
  1. 「活発で明るいお嬢さん」小学校に入学した長女(6)が笑顔で…  品川母子4人死亡事件「3日前に離婚」40代父親を事情聴取へ【news23】
  2. 清原翔さん 2日前の顔出し投稿に大反響「驚かせてしまってすみません」感謝でリハビリに邁進
  3. 愛猫の『信頼を失ってしまう』飼い主さんのNG行動3選 残念すぎる態度を改めるためには
  4. 大谷翔平 5打数ノーヒットで6戦本塁打無し チームも“投壊”で満塁HR浴び今季2度目の3連敗
  5. ゼレンスキー大統領、ロシア軍攻勢のハルキウ州戦況について「軍事的にコントロールできている」
  6. 『ねっむ…』飼い主が早朝に出勤したら…見送りにきた大型犬2匹の表情に8万8000いいね「犬もこんな表情するのかw」「健気すぎて感動」
  7. 犬が『おやつ』に興味を示さない… 食べてくれなくても大丈夫?食いつきが悪い原因とは
  8. 東京都知事選 小池知事が立候補の意向固める 自民は独自候補擁立を見送る方向 立憲・共産は候補者選定中
  9. 【速報】佳子さま ギリシャ公式訪問へ 羽田空港を民間機で出発
  10. ダルビッシュ今季2敗目...ヤンキース相手に自己ワーストタイ4被弾の悪夢、25回連続無失点から一転大乱調で6回途中7失点
  11. 【乃木坂46】清宮レイさん「チャンスは平等」を最後に卒業へ「二十歳の区切りに、新しい世界に挑戦」
  12. 熱中症対策で…伝統行事「相馬野馬追」前倒し開催 去年は7月開催も猛暑で約80人が救護される