尿サンプルからガンを発見、新しいガンの検査方法【研究結果】

犬の尿を使った新しいガンの検査方法が発見されたという話題をご紹介します。今までもよりも気軽に愛犬のガン検診が受けられるようになるかもしれません。

犬の尿を使った新しいガンの診断方法

診察を受けるウエスティ

ガンは犬の死因の常に上位に来る病気です。また、犬種によって特定のガンに罹りやすい例もあります。どの犬種も加齢と共にガンのリスクが高くなっていくことから、犬と暮らす人にとって愛犬のガンの早期発見は重要な課題です。

しかし、血液や細胞を採取して検査し診断をするには、犬への負担や時間がかかるといったハードルがあります。そのために、ついつい診察や検査を先送りにしてしまうといったこともあり得ます。

このハードルを取り除くともいえる、新しいガンの検査方法が発表されました。この研究はアメリカのヴァージニア工科大学獣医学部、工学部、農学生命科学部とウェイクフォレスト大学医学部、ラムトリックス・テクノロジー社の研究チームによるものです。

新しい検査方法は、犬の尿を使った非侵襲的な(生体を傷つけず、身体に負担を与えない)もので、迅速に検査結果を得ることができます。

犬の腫瘍やガンのタンパク質を検査できるゲノム血液検査は現在3種類あるそうですが、尿を使った非侵襲的な検査はこれが初めてとのことです。

尿サンプルにレーザー照射をして化学分析

ラマン顕微鏡

この研究では、犬に最も多く見られる種類のガンに焦点が当てられました。対象となったのは、リンパ腫、尿路上皮ガン、骨肉腫、肥満細胞腫の4種のガンです。

研究のための尿サンプルは、腫瘍性疾患に罹ったことがない犬89頭、ガンと診断された犬100頭、非腫瘍性尿路疾患または腎疾患と診断された犬16頭から採取されました。

これらの尿サンプルはラマン分光法を使って分析されました。ラマン分光法とは物質(この場合は尿)にレーザーを照射し、物質の表面から散乱される光を分析する化学分析技術です。

散乱された光によって、その物質に関する多くの情報が得られ、化学成分の同定、特性の解析、定量化(質的にしか表せないと考えられているものごとを数値で表すこと)に利用できます。

新しい検査方法は約90%の精度でガンを発見

獣医師と話す飼い主と待っている犬

ラマン分光法では、光を照射した物質の分子の振動情報を読み取ることができます。この情報は物質によって異なる特徴を持っているのですが、研究者はガンと診断された犬の尿には、ガンの存在を示す特徴的な「指紋」があることを発見しました。

ここで言う指紋とは、指紋から個人を特定できるように、物資の分子構造を高い精度で決定できる特徴のことを指します。

ラマン分光法を使った検査で、犬の尿サンプルがガンの指紋を示すかどうかを見分ける精度は90%以上でした。従来の血液検査の精度は約60%といいますから、これを大きく上回っています。

さらにそれだけでなく、尿サンプルを使った新しい検査方法は、犬がガンのマーカーを持っているかどうかが数分で判明するという大きなメリットもあります。

このスクリーニングの結果に基づいて、獣医師はさらに詳細な検査が必要かどうかを判断することができます。研究者は、この方法がガンを発見するだけでなく、治療に対する反応の評価や再発の評価にも使えるようになると考えています。

まとめ

診察台の上のハスキー

犬の尿サンプルにレーザーを照射するラマン分光法という化学分析技術によって、犬が特定のガンのマーカーを持っているかどうかがわかるようになったという研究結果をご紹介しました。

この方法が一般的になれば、愛犬の健康診断の際にガン検診を気軽に受けられるようになり、ガンの早期発見につながることが期待されます。費用も従来の血液検査よりも低く抑えられるそうです。

今後さらに研究を進めることで、他の動物や人間への応用も視野に入れているとのことです。

《参考URL》
https://doi.org/10.3389/fvets.2024.1328058

関連記事

愛犬を長生きさせる10の秘訣!
犬をスマホで撮る時に絶対してはいけないNG行為4選
犬がお腹を見せるポーズは服従心ではなかった?!
犬を飼う前に考えてほしい「飼い主に必要な12の条件」
犬が『行方不明』に…25kmもの距離を4日間かけて自力で帰った野良犬の姿が74万再生「本当に良かった」「泣ける」と涙する人も

 
  1. 横浜市教委が弁護士による第三者の検証チーム立ち上げへ 教員のわいせつ事件裁判で職員動員問題 6月中をめどに結果取りまとめる方向
  2. 東海第二原発を6市村長が現地視察 防潮堤の基礎部分の施工不良は「大変な状況、不具合」と東海村長
  3. 拉致問題「解決」の文言なくなり表現弱まる 日中韓サミット成果文書 韓国メディア“新冷戦構造”で「中国が北朝鮮の肩を持った」
  4. 佳子さま 日本ギリシャ外交関係樹立125周年など記念した式典に出席
  5. 【速報】日本航空の社長に国交省が厳重注意の行政指導 来月11日までに一連のトラブルの対策の報告求める
  6. 「台湾は祖国の懐に必ず戻る」中国で活動する台湾の芸能人 中国による統一支持、相次いで表明
  7. 上川外務大臣 イスラエル外相と電話会談  即時停戦改めて訴え ガザ南部の人道状況悪化を受け
  8. それはお人形さんではないんだ・・よ?洋服売り場で赤ちゃんを笑顔にしたのは・・人形のように見えて人形ではないアレです!!
  9. 「初夏限定!」猫がタオルで寝る季節がやってきました「可愛い」「季節の変化を感じる」との声も
  10. 機能性表示食品制度 見直しへ 医師ら専門家が消費者庁に提言 小林製薬の「紅麹」巡る問題受け
  1. 「動画配信でトラブルに」 逮捕の元交際相手と被害者男性の間にトラブル 多摩川沿いスーツケースに男性遺体 元交際相手と家族ら5人死体遺棄容疑で逮捕
  2. 警察官「すごく頼もしいです」愛犬との散歩×街の見回り活動「愛犬パトロール隊」韓国で急拡大
  3. 志尊淳 東京都知事選挙 イメージキャラクターに就任! 志尊は「みんなで変えていきましょう!」
  4. 立憲・蓮舫参院議員「小池都政をリセット」 東京都知事選へ立候補表明 無所属で臨む考え
  5. 「すごくきれい」佳子さまが世界遺産「アクロポリス」からの絶景に感嘆 ギリシャ公式訪問でパルテノン神殿など視察 精力的に公務に
  6. スマホやイヤホンにも「カビ」が生える!?エコバッグ・乾物も…“身近な物”のカビ対策【ひるおび】
  7. 米テキサス州などで竜巻伴う暴風雨18人死亡 樹木は根こそぎなぎ倒され…住宅も倒壊 北東部でさらなる被害の懸念も
  8. 「下町ロケット」モデルとなった製品が世界で初めて実用化 子ども用医療機器「シンフォリウム」 「先天性心疾患」の子どもの負担を減らす
  9. 韓国軍、北朝鮮の人工衛星打ち上げ予告への対抗措置で戦闘機約20機投入し訓練
  10. 長期金利1.025%に上昇 再び12年ぶりの水準に 日銀の金融正常化が早まるとの見方根強く
  11. ハンドボールのプレーオフ決勝で“ほっこり珍事” 試合後両チームが入り混じり引退選手ら胴上げ「リスペクトしているからこそ自然と始まった」
  12. 裏金で税優遇?自民・菅家一郎議員「法に則って申請」控除分は全額返還 5年間で1289万円の不記載