猫にやってはいけない『NGな撫で方』5選 こんなスキンシップは逆効果!

猫との絆を深めるスキンシップも、やり方を間違えると嫌われてしまうかもしれません。個体差があるものの、猫には共通して触られたくない場所や好まれない撫で方があります。猫と接するときに、今回紹介するNGな撫で方をしていないか確認してみてください。

1.毛並みに逆らって撫でる

しっぽの付け根をつまんでみる

猫の毛の流れに逆らって撫でると、猫は不快に感じるため逆毛にするような撫で方は避けるようにしましょう。

猫の被毛は、全体的に頭頂部からしっぽの先の方向に向かって生えています。

毛が生える向きは、毛穴の向きによって決まり、毛の動きは皮膚感覚と直結しています。

逆毛に撫でると、毛穴(皮膚感覚)にモゾモゾした軽微な刺激があるため、猫は気持ち悪がって嫌がる可能性があります。

なかには、逆毛に撫でても何も気にしないというおおらかな子がいますが、逆毛で撫でられるとあまり良い気分にはならない猫の方が多いでしょう。

2.お腹や足を撫でる

猫のお腹に触ってみる

猫はお腹や足のように、身体の中でも弱点となる部位の接触を嫌います。

猫のお腹は、多くの臓器が収まっているので、潜在的な自己防衛本能がはたらき、外部からの感覚にも非常に敏感です。

足は、もし拘束されてしまうといざ危険なときに逃げられなくなるので、基本的には触られること自体を嫌う猫が多くいます。

猫との関係が十分にできていると嫌がらない猫もいる場合がありますが、それでもいきなりお腹や足を触ろうとすると警戒する猫の方が多いでしょう。

3.同じところをしつこく撫でる

手を触られて近郊する子猫

同じところをいつまでも触られると、なんとなく嫌な感じがするのは、私たちでも理解ができるのではないでしょうか。

同様に、猫も同じ部位をしつこく撫でるのはNGです。

自分のペースを守りたい猫にとっては、同じところをしつこく撫でられると身体を拘束されるような気持ちになり、反発して猫は撫でられることを拒否して、その場から立ち去るかもしれません。

もし、撫でているときに猫が体勢を頻繁に変えたり、身体を引っ込めたりするようなしぐさをしたら、そろそろ嫌になってきている証拠です。

嫌がるサインを見逃さず、ほどよいところでやめてあげましょう。

4.立ったまま撫でる

立ったまま猫の頭に触れる

もし猫が床で転がっていても、立ち上がった状態から、直接撫でようとするのはやめましょう。

人間が立ち上がったまま高いところから手を伸ばせば、猫は不安を感じる可能性が高くなります。

猫が本能として高いところに登るのは、優位性や安全性を示すためというのは有名です。そのことから、高いところにいる者からの接触は、攻撃される危険性を感じて警戒心が生まれます。

一般的な成猫の体高は、だいたい30cm前後ですから、猫の目線で見れば人間の顔は相当高いところにあります。

もし、私たちに向かってビルのような巨人が、いきなり上から手を伸ばしてきたら……

怖いですね。

5.猫が何かをしているときに撫でる

食事中の猫を触る

猫とのつき合いでは「猫が主体」が基本です。

猫が何かに夢中なときは、撫でるだけでなく、できるだけ邪魔しないようにするのが正解です。

おもちゃを狙っている瞬間や食事をしている途中は、触らないようにしましょう。吐き戻しているときなどに背中をさすったりするのも厳禁です。

猫が集中しているときは、感覚のすべてを対象物に向けています。そんな中で突然接触されると、集中力が切れるのと同時に、猫に不安感を与えてしまう可能性があります。

もし、猫が何かしているときには、その状況を尊重してあげてください。

まとめ

猫のほっぺたをなでる

今回紹介した5つの撫で方で、うっかりやってしまっているものはありませんでしたか?

猫とのふれあいの時間に、猫が嫌がるやり方でスキンシップをしてしまうと、仲良くしたい意図に反して距離を置かれてしまうかもしれません。

逆毛や敏感な部位を撫でるのは、身体的な刺激から猫が不快に感じることがあります。

しつこく撫でるのは、もちろんのこと、立っている位置から手を伸ばしたり、猫の注意がこちらに向いていないときに急に触れたりするのも厳禁です。

よい関係を築いていくためにも、猫の目線と同じくらいの高さで、優しく撫でるようにしましょう。

関連記事

猫が甘噛みをする6つの理由としつけ方法
家にやってきた捨て猫を保護したら…『初めて心を許してくれた瞬間』が感動すると9万1000再生「号泣した」「素敵すぎる」の声
お風呂場に入ると…猫が『絶妙な位置』でリラックスする姿が最高に癒やされると2万1000いいね「何か?ってお顔良い」「可愛すぎ」
猫が撫でてほしい時にする6つの仕草
猫が大好きという気持ちを飼い主に伝える9つのサイン

 
  1. 「5月とは思えない」季節外れの暑さ 全国100地点で「真夏日」に「台風1号」も発生へ  大雨に警戒も【news23】
  2. 今季31盗塁 レッズのデラクルーズ 「(オオタニと)100m競争したら勝つのはボク」
  3. 政治資金パーティー「禁止」か「開催」か 自民党内で改正法「3年後見直し」案が浮上【news23】
  4. 鷲見玲奈さん おむつケーキ贈呈に歓喜「使うの勿体ない」でも "おむつの出費かなり痛い" 第一子育児に邁進中
  5. 農林中央金庫、外債運用の失敗で巨額損失へ 約1.2兆円の増資の方針 リスク管理の確立が急務【播摩卓士の経済コラム】
  6. 「活発で明るいお嬢さん」小学校に入学した長女(6)が笑顔で…  品川母子4人死亡事件「3日前に離婚」40代父親を事情聴取へ【news23】
  7. 新しい地震情報が発表されました
  8. 大型犬にボールを投げた結果…ママとパパで『態度が違いすぎる』と183万再生「無表情すぎて面白い笑」「ジト目可愛いw」爆笑の声続々
  9. ダルビッシュ今季2敗目...ヤンキース相手に自己ワーストタイ4被弾の悪夢、25回連続無失点から一転大乱調で6回途中7失点
  10. 『下半身不随』と診断された猫が『階段』に挑んだ結果…諦めない姿に"勇気づけられる"と5.7万再生「素敵なお話」「思わず涙目に…」
  1. 「活発で明るいお嬢さん」小学校に入学した長女(6)が笑顔で…  品川母子4人死亡事件「3日前に離婚」40代父親を事情聴取へ【news23】
  2. 清原翔さん 2日前の顔出し投稿に大反響「驚かせてしまってすみません」感謝でリハビリに邁進
  3. 農林中央金庫、外債運用の失敗で巨額損失へ 約1.2兆円の増資の方針 リスク管理の確立が急務【播摩卓士の経済コラム】
  4. 愛猫の『信頼を失ってしまう』飼い主さんのNG行動3選 残念すぎる態度を改めるためには
  5. 東京都知事選 小池知事が立候補の意向固める 自民は独自候補擁立を見送る方向 立憲・共産は候補者選定中
  6. 「5月とは思えない」季節外れの暑さ 全国100地点で「真夏日」に「台風1号」も発生へ  大雨に警戒も【news23】
  7. 鷲見玲奈さん おむつケーキ贈呈に歓喜「使うの勿体ない」でも "おむつの出費かなり痛い" 第一子育児に邁進中
  8. 今季31盗塁 レッズのデラクルーズ 「(オオタニと)100m競争したら勝つのはボク」
  9. ダルビッシュ今季2敗目...ヤンキース相手に自己ワーストタイ4被弾の悪夢、25回連続無失点から一転大乱調で6回途中7失点
  10. 政治資金パーティー「禁止」か「開催」か 自民党内で改正法「3年後見直し」案が浮上【news23】
  11. 【乃木坂46】清宮レイさん「チャンスは平等」を最後に卒業へ「二十歳の区切りに、新しい世界に挑戦」
  12. 『ねっむ…』飼い主が早朝に出勤したら…見送りにきた大型犬2匹の表情に8万8000いいね「犬もこんな表情するのかw」「健気すぎて感動」