札幌で新たに8人感染確認、老人ホームでクラスター

JNN/TBS
2020年6月29日 (月) 22:37

北海道では11人の新たな感染者が判明しました。札幌では有料老人ホームでクラスターが発生し、あわせて8人が感染したことがわかりました。

新たなクラスターが発生したのは、札幌市西区の住宅型有料老人ホーム「かがやき八軒」です。29日に札幌市が感染を発表した50代の女性介護職員2人、80代から90代の入居者4人、デイサービス利用者1人に加え、28日に感染が発表された入居者1人のあわせて8人が感染しています。

28日に発表された80代男性の感染者が「かがやき八軒」の入居者だったことから、順次、職員や入居者のPCR検査を実施しているということです。札幌市は、入居者は高齢で重症化する可能性が高いことなどから、出来る限り入院できるよう調整しています。

また、このほか、小樽の昼カラ関連で3人など、道内では29日に11人の感染が明らかになっています。(29日16:42)