さいたま市のキャバクラで新たに4人感染、クラスター認定

JNN/TBS
2020年6月30日 (火) 06:38

新型コロナウイルスの集団感染が確認されているさいたま市のキャバクラ店で新たに4人の感染が確認され、さいたま市はクラスターと認定しました。

さいたま市大宮区のキャバクラ店「CLUB GRANDE」では、これまでに従業員8人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されています。29日、新たにこのキャバクラ店の10代から30代の男女の従業員4人が感染したことが確認され、これで、このキャバクラ店で感染した従業員は12人になりました。

これを受け、さいたま市はクラスターが発生していると認定しました。感染の疑いのある従業員40人の中で、29日までに38人のPCR検査が行われていて、さいたま市は調査を進めるとともに、今月17日以降に来店した客については保健所に連絡するように呼びかけています。(29日23:05)