高知では猛烈な雨を観測、西日本~東日本 大雨に要警戒

JNN/TBS
2020年6月30日 (火) 12:44

前線の活動が活発となっている影響で、西日本から東日本にかけて大雨に警戒が必要です。高知県では30日朝、猛烈な雨を観測し、降り始めからの雨量が250ミリを超えたところもあります。

「午前8時半、高知駅です。強い雨と風が体に吹き付けてきます。また、地面からの強い雨の跳ね返りも感じます」(記者)

高知県中部では30日未明から雨脚が強まり、香美市繁藤では午前8時前までの1時間に81.5ミリの猛烈な雨を観測したほか、高知市でも70.5ミリの非常に激しい雨となりました。

降り始めから午前11時までの雨量は、香美市繁藤で254ミリに達しています。発達した雨雲はゆっくりと東へ移動し、大雨警報は解除されましたが、気象台は引き続き土砂災害などへの注意を呼びかけています。(30日11:16)