鹿児島・宮崎では土砂災害警戒情報

JNN/TBS
2020年6月30日 (火) 12:45

九州南部でも大気の状態が非常に不安定になっています。

鹿児島県では、30日午前6時半までの1時間に、鹿屋市北部付近でおよそ80ミリの猛烈な雨、霧島市南部でおよそ70ミリの非常に激しい雨となっています。また宮崎県では、都城市菖蒲原町で、午前7時前、1時間におよそ60.5ミリの非常に激しい雨を観測しました。

午前11時半現在、鹿児島県の広い範囲と宮崎県の一部に5段階の大雨警戒レベルのうち、上から2番目の「レベル4」に相当する土砂災害警戒情報が出されています。(30日11:31)