国家公務員に夏のボーナス支給、8年連続プラス

JNN/TBS
2020年6月30日 (火) 15:36

国家公務員に夏のボーナスが支給されました。管理職を除く一般職の平均支給額はおよそ68万円と、8年連続でプラスとなっています。

一般職の国家公務員の夏のボーナスは、新型コロナウイルスの感染が拡大する前の去年8月に人事院が引き上げを勧告したため、前の年を上回る68万100円が支給されました。8年連続のプラスですが、増額幅は去年を1000円上回る微増にとどまっています。

また、国会議員にもおよそ319万円支給され、選挙違反事件で逮捕された河井克行前法務大臣、案里参院議員夫妻にも満額支給されています。閣僚は行政改革の推進に取り組む姿勢を示すため一部を自主返納していて、返納後の額は安倍総理がおよそ404万円、閣僚はおよそ337万円となっています。

国会議員は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、歳費を1年間、2割削減していますが、ボーナスについては減額しないとしています。(30日10:54)