WHO 中国に調査チーム派遣へ、新型コロナの起源めぐり

JNN/TBS
2020年6月30日 (火) 19:22

WHO(世界保健機関)は、新型コロナウイルスがどのように始まったか調査するため、来週、中国に専門家チームを派遣することを明らかにしました。

「ウイルスの起源を知ることは、とても重要だ」(WHO テドロス事務局長)

WHOのテドロス事務局長は29日の記者会見で、このように述べ、来週、WHOとして中国に専門家チームを派遣する方針を示しました。

ウイルスの起源を巡っては、アメリカが中国・武漢にある研究所から広がった可能性を主張し、中国側が反発していて、現地調査の行方が注目されます。

一方、新型コロナウイルスの感染が中国で確認され、WHOへ初めて報告されてから30日で半年を迎えますが、テドロス事務局長は「終焉には程遠く、パンデミックはスピードアップしている」との認識を示しました。その上で、検査、追跡、隔離など基本的な取り組みが上手くいった国として日本を挙げ、「最も高齢者の多い国の1つだが死亡率は低く、多くの命が救われた」と評価しました。(30日11:51)