キャッシュレス決済 ポイント還元事業 「一定の効果あげた」

JNN/TBS
2020年6月30日 (火) 14:01

キャッシュレス決済によるポイント還元事業が30日で終了することを受け、梶山経済産業大臣は「一定の効果をあげた」と事業を総括しました。

「サービスの多様化ということが生まれてきた。また競争というものが生まれてきたということは、この効果であると思っている」(梶山弘志経産相)

去年10月消費増税に伴い始まった、キャッシュレスで支払うと最大5%分のポイントが還元される国のポイント還元事業は、30日で終了します。梶山大臣は、参加した中小店舗のおよそ4割が「売上や顧客獲得に効果があった」とアンケートに回答したなどとして、一定の効果があったと強調しました。

一方、還元事業の終了後に決済手数料が5%から7%程度に引き上げられる懸念があることから、今後も、事業者に手数料を開示するよう求めていくとしています。(30日13:14)