レジ袋有料化、7月1日から義務づけ

JNN/TBS
2020年7月1日 (水) 05:44

プラスチックごみの削減に向けて1日から、コンビニやスーパーなど全国の小売店で、レジ袋の有料化が義務付けられます。

大手コンビニ3社「セブンーイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」は、一部サイズを除き1枚3円になります。
スーパーでは、「イトーヨーカドー」が3円から10円。「イオン」はすでに4月から有料化を始めていますが、2円から10円になります。
デパートでは、「三越伊勢丹」がはっ水加工などを施した食品用の紙袋が、最大50円になります。

一方、バイオマス素材を25%以上含むレジ袋は無料配布が認められていて、「マクドナルド」や「吉野家」などファストフード店の多くは「エコバッグの衛生面に責任を持てない」などとして無料で配布します。

環境省は、レジ袋の辞退率を、現状のおよそ3割から倍の6割にする目標を掲げています。(01日05:31)