西村大臣「イベント緩和のため名簿管理やキャンセル料の撤廃など検討」

JNN/TBS
2020年7月1日 (水) 06:55

西村経済再生担当大臣は屋内のイベントの入場制限の緩和について、体調の悪い人が無理に来場しないよう、キャンセル料を求めないことなどを検討する考えを示しました。

政府は現在、屋内のイベントについて「入場者を収容人数の半分以下とすること」などと要請していますが、事業者から「採算が取れない」といった声が相次ぎ、専門家による協議が行われています。

「逆に言えば、こうして感染対策が徹底できないようであれば、収容率の制限緩和の対象にはできない」(西村康稔経済再生相)

西村大臣は緩和の条件として、体調の悪い人が無理に来場しないようキャンセル料を求めないことや、主催者が入場者の名簿を管理することなどを検討する考えを示しました。早ければ新たな基準を7月中旬にも示したいとしています。(30日21:39)