長野南部で土砂崩れ相次ぐ

JNN/TBS
2020年7月1日 (水) 12:23

長野県南部では、大雨によって土砂崩れが相次ぎ、このうち喬木村ではおよそ20メートルにわたって土砂が崩れ、道路をふさぎました。

これまでのところ、けが人はいないということです。

長野県内では、6月30日の降り始めからの雨の量が200ミリを超え、記録的な雨となったところがあり、気象台が土砂災害や河川の増水に警戒するよう呼びかけています。(01日11:20)