6月 デパート売上16~28%減、自動車22%減「改善も厳しい」

JNN/TBS
2020年7月1日 (水) 17:24

デパート各社が発表した6月の売上げ速報によりますと、「三越伊勢丹ホールディングス」の売上高は去年と比べて19%の減少、「大丸松坂屋百貨店」では28%の減少となりました。また、「そごう・西武」や「高島屋」も16%程度の減少でした。

緊急事態宣言の解除で、お中元などの「夏商戦」が本格化し、セールの前倒しの効果もあり、5月よりも減少率は改善しました。

また、6月の国内の新車販売台数は去年と比べて22.9%の減少でした。減少率は先月と比べ20%ほどの改善です。

ただ、内閣府が発表した向こう半年間の消費者心理を示す消費者態度指数は過去6番目の低水準となり、販売の現場は厳しい状況が続いています。(01日16:21)