夏の甲子園中止も救いの手、代替試合開幕 岩手で球音!

JNN/TBS
2020年7月1日 (水) 19:18
夏の甲子園中止も救いの手、代替試合開幕 岩手で球音!

夏の高校野球中止に伴い、その代替大会が全国に先駆けて岩手で開幕しました。

スタンドは原則「無観客」ですが、ベンチ入り選手1人につき、保護者2人まで入場を許可されました。試合前の整列も声は出さずに挨拶を交わしました。

北奥地区の開幕カードは、早速、好ゲームに。最終回、水沢商は強豪・専大北上を相手に、2ランを浴び1点差に迫られます。それでも何とか逃げ切った水沢商、涙の夏1勝です。

「今日の試合、しっかり楽しんでやるっていうことをチームとして目標で掲げてきたので、9イニングしっかり楽しんで勝つことができました」(岩手・水沢商 小澤優斗主将)

【試合結果】
水沢商 8-7 専大北上
(01日18:35)