政府コロナ分科会始まる、“休業要請”“GoToトラベル”を議論か

JNN/TBS
2020年7月31日 (金) 11:49

全国での新規感染者が連日、1000人を超えていることを受け、政府は、専門家による分科会で東京都の小池知事や大阪府の吉村知事を交えて対策を議論しています。

「重症者も徐々に増加をしていること、保健所や医療機関の対応にはすでに悪影響が生じており、新規感染者数を減少させるための迅速な対応が求められる状況」(加藤勝信厚労相)

分科会では、医療体制のひっ迫度合いなどの指標を基に感染状況を3段階のレベルに分類し、各自治体がとるべき対策を議論する予定です。東京都などが始める飲食店への営業時間の短縮要請についても話し合われるほか、大阪府の吉村知事は一部の飲食店への休業要請を検討していて、財政面での国の支援を求める方針です。

また、県をまたぐ移動の自粛の必要性なども議論される見通しで、「Go Toトラベル」キャンペーンについても意見が交わされる可能性があります。(31日11:29)