「憲法53条に基づき臨時国会召集を」野党が議長に要求

JNN/TBS
2020年7月31日 (金) 13:55

立憲民主党など野党4党は、憲法53条に基づく臨時国会召集の要求書を、衆議院の大島議長に提出しました。

要求書で野党側は、「安倍内閣は新型コロナウイルスへの初動対応を完全に誤った」と指摘したうえで、臨時国会を召集し、新型コロナウイルスや豪雨災害への対策について、安倍総理が説明責任を果たすよう求めました。

「国の最高のリーダーが全く国民に説明を果たさないまま、事態の悪化の中で何を考えているのかも分からない状況というのは、ますます政治不信を起こすだけだ」(立憲民主党 安住淳国対委員長)

これに対し、与党側は「付託する議案が何なのか、定かではない」などとして、持ち帰って協議する考えを示しました。政府・与党側は、早期の召集には慎重な姿勢です。(31日13:17)