3年ぶりの優勝へ、松山選手 後半ショットを修正

JNN/TBS
2020年7月31日 (金) 18:04

4大メジャーに次ぐビッグトーナメント、ゴルフの世界選手権シリーズ第3戦。アメリカツアー3年ぶりの優勝を狙う松山英樹選手は、9番で池に入れるなど、前半はバーディーとボギーが交互に来て、波に乗れません。

それでも、後半11番・ショートホールのティーショット。ピンまで1.8メートルにつけ、バーディーが先行。最終18番もバーディーで締めくくり、初日は首位と6打差の15位タイ。残り3日間のラッシュが期待されます。

「良い所も悪い所もありましたけど、明日も一生懸命頑張りたい」(初日15位タイ 松山英樹選手)
(31日16:33)