怪物の弟・清宮福太郎選手、自身最多5打点で快勝

JNN/TBS
2020年7月31日 (金) 16:54

夏の甲子園が中止のため独自で行われている高校野球西東京大会。注目は、早稲田実業の清宮福太郎選手。兄は日本ハム・清宮幸太郎選手です。

身長182センチ、体重99キロと、兄と同様、恵まれた体格を持つ福太郎選手。2年生ながら4番を任されています。

第3打席ではレフトへタイムリーヒットを放つと、最大の見せ場は続く第4打席。痛烈な当たりは左中間を破るタイムリーツーベース。4番の仕事をしっかりと果たし、自身公式戦最多の1試合5打点。チームもベスト16進出です。

「ストレートを狙っていてストレートが来たので、うまく打てた。(Q.次の試合へ意気込みを)勝ちます」(早稲田実業 清宮福太郎選手)
(31日15:48)