株価 600円超の値下がり、新型コロナ感染拡大で

JNN/TBS
2020年7月31日 (金) 21:05
株価 600円超の値下がり、新型コロナ感染拡大で

新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感などから、7月31日の東京株式市場では、日経平均株価が600円を超える値下がりとなりました。

東京株式市場では、取引開始直後から売り注文が集まり、日経平均株価は前日の終値より629円安い、2万1710円で取引を終えました。アメリカの4月から6月までのGDPが過去最悪の水準となったことや、為替が円高ドル安水準で進行していることから売り注文が相次ぎました。

また、午後に入ると、東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多となる463人に上ったという報道が伝わり、さらに下げ幅が拡大しました。(31日18:34)