ペッパーフードサービス決算赤字、経営再建に向け97億円調達へ

JNN/TBS
2020年8月1日 (土) 08:58
ペッパーフードサービス決算赤字、経営再建に向け97億円調達へ

「いきなり!ステーキ」などを運営する「ペッパーフードサービス」は、今年1月から6月までの連結決算で、最終損益が79億円の赤字になったことを発表しました。

ペッパーフードサービスが発表した今年1月から6月までの連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が25億円の赤字、最終損益では79億円の赤字となりました。経営の立て直しのために「いきなり!ステーキ」など、あわせて114店舗を閉店する費用に加え、新型コロナウイルスの影響で店舗の休業や営業時間の短縮が大きく響きました。

また、ペッパーフードサービスは投資ファンドなどを引受先とする増資を行い、97億円を調達すると発表しました。調達した資金で主力事業の「いきなり!ステーキ」の立て直しを急ぎたい考えです。(31日21:35)