独自の緊急事態宣言 初日の沖縄

JNN/TBS
2020年8月1日 (土) 18:04

先月31日、5日連続で過去最多を更新する71人の感染者が確認された沖縄。玉城知事は先月31日夜、県民に不要不急の外出自粛などを求める独自の緊急事態宣言を発表しました。

その緊急事態宣言初日の1日、那覇空港では沖縄を訪れた観光客から戸惑いの声が聞かれました。

「(予約とったのは)6月の緊急事態宣言があけたとき。基本的にはホテルステイでプールとか」(沖縄県外からの観光客)
「自分たちが感染させてしまうのが一番怖いので、そこらへんは気を付けて、なるべく、取ったホテルにおとなしくいようかなと思う」(沖縄県外からの観光客)

沖縄県は1日、県内で新たに58人の感染者が確認されたと発表しています。

沖縄県の緊急事態宣言では、県民への不要不急の外出自粛のほか、沖縄県外からの渡航者に対しては「慎重な判断」を求めていて、期間は今月15日までとなっています。(01日17:32)