国税局元職員 栽培した大麻を100人以上に販売

JNN/TBS
2020年8月1日 (土) 18:46

大麻を販売した疑いで逮捕された札幌国税局の元職員の男が、道内外の100人以上に大麻を販売していたことが分かりました。

札幌国税局は、元職員、遠藤恵介容疑者(45)を大麻を栽培して信用を失墜させたとして先月22日付けで懲戒免職にしました。遠藤容疑者は大阪府の男と共謀し、今年3月、大麻およそ30グラムを旭川の男女に販売した疑いで先月31日、逮捕されました。

捜査関係者によりますと、遠藤容疑者は大麻の栽培を始めた去年以降、道内外の100人以上に大麻を販売していて、売り上げは1000万円以上に上るということです。(01日15:36)