桐生選手 今季初戦、好記録マーク

JNN/TBS
2020年8月1日 (土) 19:14

日本人初の9秒台スプリンター桐生祥秀選手が、今シーズン初戦に出場しました。

「自己ベストを狙って走った」と、後続をぐんぐん引き離し、いきなり10秒04の好タイムをマークしました。

「(今季)レースが、あと何本あるか分からないので、1本1本、集中していきたい」(桐生祥秀選手)

次は23日の「ゴールデングランプリ陸上」で、国内トップの選手と激突です。

また、この大会では「ドリームレーン」と題し、インターハイが中止となった高校生へ真剣勝負の場を用意。トップアスリートに挑みます。(01日18:04)