「水の日」 全国10か所でブルーライトアップ

JNN/TBS
2020年8月2日 (日) 07:13

水の大切さを考える日として定められた「水の日」を知ってもらおうと、1日、全国10か所の建物などが青くライトアップされました。

毎年、8月は水の使用量が最も多くなることから、月の初めに水の大切さを意識してもらおうと、8月1日は「水の日」と定められています。「水の日」をより多くの人に知ってもらおうと、1日、全国10か所の建物などが「水」をイメージした青色にライトアップされました。

国土交通省によりますと、国内では豪雨が増えている一方、年間の降水量は減少傾向にあるなど、気候変動の影響が水資源にもみられるということです。

「水の日」は今年で44回目ですが、ライトアップは1日が初めてだということです。(01日23:59)